ブルー系とブラウン系の組み合わせがお気に入り

私のワードローブはブラウン系が多いので、ニットや靴下を買う場合は自然とそれに合わせた色が多くなります。
同系色だとまとまりやすくなりますが、反対色であるブルー系とも相性が合うようです。

ビーター・ラビットやパディントンは茶色の毛皮の上にブルー系ののジャケットやコートを着ていますし、
ベルギーの漫画の主人公タンタンも白襟がついた明るいブルーのトップスと茶色のパンツがトレードマークです。
すべて子供向けの作品ですが、子供を対象にした物だからこそ配色に手抜きをしない所がさすがだと感じます。

茶色と黄色やオレンジ色などの暖色系も温かみを感じて良い印象を受けますが、マンネリになりがちです。
それらの組み合わせに飽きた頃にブルー系を引っ張り出して着ると、気分が浮き立っていつも通っている道と違った道を通りたくなります。
私が持っているトップスの中でブルー系はそれほど多くはありませんが、当分ブラウン系との組み合わせはやめられそうにありません。

About ctwamcwp_k