分解された脂肪酸や、他の汗に溶けた皮脂が臭気の源

保存療法とは、手術はせずにワキガの臭いを抑えるというものです。ワキガは、アポクリン腺から出る汗に含まれている脂肪酸などの物質が、原因物質だといいます。とはいえ、アポクリン腺からの汗そのものが臭うわけではありません。分解された脂肪酸や、他の汗に溶けた皮脂が臭気の源です。

つまり、汗が臭いを発するようになる前にきれいにしておくことで、ワキガでも臭わない状態にできるわけです。手術は、ワキガ改善の決定的な手段になりえますが、手術を受けるよりまず、ワキガが臭わないようにしてみてはどうでしょう。衣類はすぐに着替え洗濯もまめにすることや、寝る前や外出時に脇を洗い流すなどです。汗が脇の下に溜まらないよう、シートやパットを使って取りのぞく習慣をつけます。制汗剤やデオドラント剤は、汗の臭いを防ぐ物質がいろいろと配合されています。汗腺からの発汗を抑制するための成分や、脇に存在する細菌自体を減らす成分も用いられています。この他にも、芳香剤で汗の臭いをわからなくしたり、脱臭剤で臭いを減らしたり、酸化防止剤で細菌の働きを食い止めたりなどの作用があります。まずは制汗剤で、ワキガの臭いがどのくらい減らせるか試してみましょう。ワキガの手術は、制汗剤でも効果が乏しいという人や、やっぱりきになってしょうがないという人が受けるものだといえます。ベルブラン

About user353